いよいよデリヘルのプレイが始まります

小倉のホテルにチェックインしていよいよデリヘルのプレイが始まります。

ちょっとタイプの男性だったので、私もその気になっちゃいました。

湯船でイチャイチャしている間にオマンコからはジュルっとした愛液がでてきていたと思います。

でもお湯と混ざって年下君には気づかれていないと思います。

身体をピクピクしていましたから、反応していることはバレバレでした。

年下君は性欲が随分たまっているようで私の身体を責めに責めます。

「この続きはベッドでゆっくりしましょう」と彼を制止しておきました。

このままでは私はオルガスムスに達すると思ったからです。

タオルで年下君の身体を拭いて、ベッドルームへ移動します。

年下君は待ちかねたように私をベッドに押し倒しました。

そして濃厚なディープキスをします。

口脣は私の耳や首筋を舐め回すようにします。

鳥肌が立つほど感じてしまう私。

人によったらくすぐったくなるんですが、年下君は絶妙なテクニックです。

私の性感帯を熟知していように責めてきます。

おもわず目を閉じて呻き声を漏らしてしまいました。

もちろんバストトップやオマンコも舐めて全身リップです。

このままでは達してしまうので私は「今度は私に舐めさせて……」といって、攻守交代をしました。

私の身体は不完全燃焼ですが、アクメに達してしまうと身体がだるくなるので仕事になりにくいのです。